「会津の義 幕末の藩主松平容保」執筆裏話

  • 2019.05.21 Tuesday
  • 11:52

 今回の本を書くに当たって、容保公の行動は記録を追えばすんだのですが、なぜ、そんな行動に出たのか、いつ、その判断を下したのか、その時、どんな心情だったのかを描くのが歴史小説家の役目です。

 たとえば徳川慶喜が鳥羽伏見の戦いの後、幕府艦隊の旗艦である開陽丸に乗って、江戸に逃げ帰りましたが、その時、容保公と、その弟で桑名藩主の松平定敬を同行しています。なぜ、ふたりは唯々諾々とついていってしまったのか。それが長年の私の疑問でした。その点について、早乙女貢先生に質問したことがありました。すると先生は「将軍に命じられたら、ついていくしかない」とのことでした。

 容保公には有名な肖像写真(下)があります。一見、優男で、将軍に命じられたら、いかにも拒めなさそうな雰囲気です。でも彼の行動を調べていくと、ただの優男ではないことがわかります。鳥羽伏見の戦いでは、ちゃんと本人が伏見の前線に出て、先陣を努めています。鳥羽方面の先陣は定敬でした。むしろ会桑が突っ走って、慶喜が嫌々ついていった気配があります。

 つまりは容保は、けっして軟弱な優男ではなく、かなり強気のリーダーだったはずで、そういうイメージにのっとって今回の「会津の義」を書きました。将軍の敵前逃亡に同行せざるを得なかった状況も、読めば納得していただけると思います。とはいえ、なにぶんにも、あの写真のイメージが強いので、私の描く強い容保像に、読者が違和感を持たないか、その点には不安が残りました。

 で、すべて書き終えた時に、担当編集者が「文庫解説は松平保久さんにお願いしてみましょう」と言ってくれました。会津松平家の今のご当主で、容保公の曾孫さんです。私の解説なんか引き受けてくださるのだろうかと、やや懐疑的ではありましたが、なんと、こころよく引き受けて頂けたのです。実は松平さんは、すでに拙作「大正の后」を読んでくださっていたのです。あの作品では、大正天皇の皇后さまが会津の復権に尽力された過程も、大きなモチーフのひとつでした。そこに共感して頂けたようなのです。

 とはいえ、歴史上の人物のご子孫は、たいがいご先祖さまを崇高な存在として見ていらっしゃるし、私の描く、悩んだり苦しんだりする人間的な容保像を、受け入れてもらえるかどうか不安でした。でも、しばらくして書き上がった解説を拝読して、私は感動すら覚えました。人間的な点のみならず、私が不安に思っていた写真とのイメージのギャップを、きちんとフォローしてくださったのです。とてもありがたい解説でした。詳しくは、ここで書くとネタバレなので、ぜひ本をご覧ください。

 それと最近、私の本のカバー絵は、ヤマモトマサアキさんにお願いすることが多いのですが、今回もかっこよく描いてくださいました。それも下の写真を元に、力強さを加えて頂けました。

 でも意志の強いリーダーだったと思って、下の写真を改めて見ると、たしかに、そうも見えてくる気がします。

 

 

「会津の義」が発売になりました。

  • 2019.05.17 Friday
  • 18:48

 書き下ろし文庫の「会津の義 幕末の藩主松平容保」が、集英社文庫から発売になりました。去年2月に同じく集英社文庫から出した「ひとり白虎 会津から長州へ」に続く会津ものです。

 集英社で担当してくれている女性編集者は、早乙女貢先生の「会津士魂」が文庫版で出た時の担当もしていて、その頃からの縁でした。「リタとマッサン」も彼女が作ってくれた本で、ニッカの余市工場に取材に行った時に、たまたま近くに旧会津藩士の入植地の石碑を見つけ、ふたりで大興奮したものでした。

 「ひとり白虎」の次に何を書こうかと相談していた頃、奥山景布子さんが「葵の残葉」で新田次郎文学賞を受賞されました。「葵の残葉」は松平容保を含めた高須四兄弟を題材にした作品です。

 それで私が編集者に「こういうお殿さまを主人公にする作品って、あまり男性作家は書かないですよね」と言ったのです。私も「かちがらす」で、佐賀藩主の鍋島直正を書いて好評だった経緯があったし。男性作家は底辺から這い上がってきて、非業の死を遂げたような主人公を、好む傾向がある気がしたのです。その点、女性作家はプリンスに憧れるみたいな感覚があるので、お殿さまでも書けるのではないかと思いました。

 じゃあ「ひとり白虎」の後は、松平容保という話で決まってしまいました。でも「かちがらす」は地元の郷土史家や県立図書館でサポートしてくださって、ようやく書けた作品だし、藩主ものはあだやおろそかでは書けない気がして、そうとう緊張しました。

 でも思えば、早乙女先生がご健在だった頃に、毎年のように編集者や評論家の方などと一緒に、会津の史跡巡りをさせて頂きました。白河城も母成峠も、第一級の専門家の案内で、贅沢にまわったわけです。もう取材は、ほとんど終わっていたも同然でした。

 取材していないのは、明治になってから旧会津藩士たちが移封になった斗南だけでした。それで私が「どうせ行くなら、冬の寒さを体感したい」と言い出して、今年の1月に下北半島で震えてきました。その時のインスタが、これであります。

http://www.instagram.com/p/BscuA7jnkNn/

 そんなに寒くなかったなどと書いてあるけれど、寒立馬を見に行った時は極寒でありました。

http://www.instagram.com/p/Bsgjyk3nan4/

 ちなみに下北半島の付け根の野辺地では、帆立貝が絶品でした。ちょっと長文になっちゃったので、この本については次回も書きます。

 

今だから勧めたい「大正の后」

  • 2019.05.15 Wednesday
  • 16:55

 去年の9月に発売されたPHP文芸文庫の「大正の后」ですが、女性皇族が注目されている今だからこそ、読んでいただきたい作品です。大正天皇の皇后さまが主人公です。高円寺の農家で育って、父親が官軍として幕末の会津に出かけた九条道孝。会津復権の思いは、父から娘へと引き継がれたはずです。ご病気だった晩年の大正天皇を支え、とにかくすごい皇后さまです。未読の方は、ぜひ!

 

「乃木坂46山崎怜奈の歴史のじかん」に出ます

  • 2019.05.14 Tuesday
  • 15:51

 dTVチャンネルの「乃木坂46山崎怜奈の歴史のじかん」のスタジオ収録に、しばらく前にお邪魔したのですが、それが16日の木曜日、夜9時から配信されるそうです。

 山崎玲奈さんと静岡大学名誉教授の小和田哲男先生と私の3人で、浅井三姉妹について語ります。小和田先生とは大河ドラマで「お江」が放映されていた頃、雑誌の対談をしたことがあり、それ以来でした。山崎玲奈さんは、ちゃんと歴史の知識が深くて、これから期待の逸材だなと感じました。

 詳しくは↓のサイトで。

http://dch.dmkt-sp.jp/special/ct/c90000056?campaign=nog90000007

 こっち↓では、ちょっと動画が見られます。

http://twitter.com/rena_rekishi/status/1127871380861505536/video/1

 また口の悪い私の姉妹や姪っ子が、下の写真を見て、私の顔が玲奈さんの倍だと申しております。いや、よく見ると、倍じゃ収まらぬな。

 

「森瑤子の帽子」の書評を書きました。

  • 2019.05.13 Monday
  • 04:45

 島崎今日子さんの著作「森瑤子の帽子」の書評が「週刊読書人」の5月3日号に載りました。それが次のサイトでも読めます。

http://dokushojin.com/article.html?i=5364

 以前、女性人物伝の連載で、安井かずみを取り上げた時に、島崎今日子さんの「安井かずみのいた時代」を参考に書かせていただいて、以来、注目しているノンフィクション系の作家さんです。その後、森瑤子も同じ女性人物伝で書いたのですが、その時、島崎さんが幻冬舎の雑誌で「森瑤子の帽子」を連載中でした。

 そんなことを「週刊読書人」の編集の方が耳にされて、私に書評依頼が来たようです。森瑤子という女性は、安井かずみ同様、華やかな生き方を、自分の力で手に入れた人なのだと実感できる本です。

 別件ですが、おかげさまで11日の高幡不動での講演会は好評でした。当日、別のイベントもあって、新選組のファンは若い女性が多いなと、改めて思いました。

 

5月11日に高幡不動で講演します

  • 2019.05.07 Tuesday
  • 21:03

 今週の土曜日、5月11日に「新選組友の会」の「土方歳三忌」で講演します。場所は東京都日野市にある高幡不動信徒会館で、午後1時半からです。

詳細は「新選組友の会」のサイトで↓

http://tomonokai.bakufu.org/main/toshi.html

 演題は「松平容保の生涯」です。まもなく集英社文庫から「会津の義 幕末の藩主松平容保」という文庫本が発売になるのですが、「新選組友の会」を主催されている大出俊幸さんに、去年、お会いした時に「今度、容保の本、出すんですよ〜」と自慢したところ、さっそく翌日、電話がかかってきて、今回のご依頼を頂きました。むやみに自慢なんかするものではないな。

 今回の「土方歳三忌」は、特に没後150年の記念の年だし、本来は歳三自身に関わる話の方がいいような気もするのですが、松平容保は京都守護職として壬生浪士たちを預かっており、新選組との関わりには深いものがあります。

 それに彼は肖像写真(下)の印象から優男のイメージがあって、実像が語られることが少ないので、この機に話を聞いて頂くのもいいかなと思いました。ともあれ、作品を書く時に調べたことや、私の考える容保像について話をさせて頂きます。お近くの方はぜひ、遠くの方もできれば、足をお運びください。

 「会津の義 幕末の藩主松平容保」の本については、また改めて、ここで告知しますので、ちょいお待ちください。

 

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM