アンソロジー出てます

  • 2017.07.15 Saturday
  • 04:38

6月22日に発売になった集英社文庫の「時代小説ザ・ベスト2017」というアンソロジーに拙作が一作、掲載されています。いろいろな時代小説家の短編集で、私の作品は「小説新潮」に掲載された「流人富士」。このアンソロジーに作品を取り上げて頂けるのは名誉なことなので、掲載が決まった時に「小説新潮」の担当者が、とても喜んでくれました。私の働きで人が喜んでくれるのが、最近はいちばん嬉しいな。

番組、見損ねてしまった

  • 2017.06.15 Thursday
  • 11:54

BS11の番組「尾上松也の謎解き歴史ミステリー」の10回めが2・26事件で、しばらく前にスタジオ撮りに参加したのですが、うっかりしているうちに昨日、放送されたようです。ここしばらく小説に没頭していたといえば聞こえはいいのですが、相変わらず、頭に一項目ずつしか入らなくて・・・。いずれ録画のDVDが送られてくるとは思うので、ま、そのうち見ます。

http://www.bs11.jp/entertainment/nazotoki-mystery/

 

「歴史街道」に登場してます

  • 2017.06.04 Sunday
  • 11:11

 現在、月刊誌の「歴史街道」で連載中の「果てなき図面 帝国ホテル建築物語」は、私が去年、たまたま明治村に行って、移築された帝国ホテルに感動したのがきっかけでスタートしたのですが、期せずして、今年はライト誕生150年。日比谷の帝国ホテルでは6月8日からライト関係の展示があるそうで、その告知を兼ねて、恐れながら私が「歴史街道」のカラーページに登場しました(下の画像)。

 今月号の「果てなき図面 帝国ホテル建築物語」は常滑のレンガづくりの話で、ちょっと人情ものっぽく書けました。今回だけ読んでも面白いと思うので、ぜひ。

 取材はこの時→です。http://30miles.jugem.jp/?eid=476

 

佐賀新聞の連載はじまりました

  • 2017.06.01 Thursday
  • 12:14

今朝から佐賀新聞の小説連載「かちがらす」がスタートしました。画像は一段の前半分です。若き直正公の頑張りが始まります。私も責任重大。

それにしても、もう6月。あとひと月で、今年も半分が過ぎていく。確か去年も同じことを言っていた。

 

佐賀新聞で連載が始まります

  • 2017.05.31 Wednesday
  • 08:08

来年の明治維新150年の企画で、6月1日から佐賀新聞で小説連載が始まります。鍋島直正を主人公にした「かちがらす」です。かちがらすというのは佐賀平野に生息する鳥のことで、かささぎともいうそうです。幕末の佐賀は「黒鉄の志士たち」でも書きましたが、やっぱりメインのヒーローは直正公だと思います。昨日の佐賀新聞朝刊に予告記事が載りました。ご期待ください。

コレ↓が取材の時のヒーローとのツーショット。

http://30miles.jugem.jp/?cid=13

 

「千両絵図さわぎ」の書評

  • 2017.05.30 Tuesday
  • 10:34

時代小説のネット書評で定評がある「時代小説SHOW」で、中公文庫の「千両絵図さわぎ」が取り上げられました。「知られざる朝鮮通信使の世界を描く、笑いのち涙の傑作」ですって。うれしー!

http://www.jidai-show.net/2017/05/28/post-senryo-ezu-sawagi/

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM