お龍さんのお墓参り

  • 2008.12.15 Monday
  • 13:26
以前『お龍』を書く時に、横須賀を案内してくれた人がいる。
横須賀在住の坂本龍馬ファンで、
お龍が晩年に暮らしていた長屋跡などに連れていってもらった。

その人が「やきとり竜馬におまかせ」という店を始めたというので、
いちど行きたいなと思っていたのだが、
昨日、別の龍馬ファンの女性とふたりで、
お龍のお墓参りを兼ねて、横須賀まで行ってきた。

しっかし海風が強くて寒かったー。
「こんな日に、お墓参りする酔狂はいないよねー」と言いながら、お龍のお墓へ。
そうしたらご命日でもないのに、新しいお花がいっぱい。
そのうえ、強風でお線香に火がつかず、モタモタしていたら、
若い女の子がふたり、お参りに来た。
いるもんですな。
お龍さん、意外に人気者。

そそくさとお参りを済ませて「やきとり竜馬におまかせ」へ。
たまたま昨日は、お店で津軽三味線のライブがあった。
弾き手は爺さんかと思いきや、寂空さんという20代の男の子。
バンドマンから三味線に転向したという。

津軽三味線を、こんなにちゃんと聴いたのは初めて。
ちんとんしゃんの普通の三味線とちがって、
じゃんじゃか激しく弾くわけだけれど、
津軽三味線って意外に若い楽器で、歴史は100年もないのだとか。


もしも、お龍さんのお墓参りに行かれる機会があれば、
帰りに「やきとり竜馬におまかせ」に足を伸ばして、
ぜひマスターと龍馬談義でも。
場所はお龍が住んでいた長屋の場所の近く。
オリジナルの「竜馬焼き」、けっこういけます。


「やきとり竜馬におまかせ」の場所

丸の内散策12000歩

  • 2007.05.06 Sunday
  • 09:17
ゴールデンウィークのメーンエベント!だったのが歌舞伎観劇。
久しぶりに亭主と歌舞伎座に出かけた。
始まる前から、今日は暑いなとビール。幕の内弁当でもビール。
次の幕間ではアイス最中。最後の幕間ではきんつば。
芝居は二の次で、ダイエットはどうなっちゃったのかという食べっぷり。

帰りがけに、丸の内の中通に寄って行くことに。
前々から行ってみたかったワインの店が中通にあったのだ。
食べたものを燃焼するつもりで、東銀座の歌舞伎座から丸の内まで歩く。

「あ、ここ、ここ、ここに来たかったのよ。おしゃれでしょ」と駆け寄り、
店の前に掲げてあるメニューを見たら、ワイン1杯1500円なり。
「吉祥寺なら1500円で、フルボトルが飲める」という亭主の意見で、
即刻、却下されてしまった。

亭主はオープンエアのとこが好きで、
舗道にテーブルと椅子が張り出したカフェテラス風のとこがいいと言い、
そんな店を探して、有楽町、東京駅間、一往復半。
よさそうなとこは、たいがい混んでていっぱい。
いっそ有楽町の赤ちょうちん街にするかという意見も出た。
まあ、確かに赤ちょうちんでも、舗道に椅子とテーブルは出てますけどね。

でも、せっかく都心に出てきたのに、ここで妥協してならじと、
オープンしたての新丸ビルに。
外から見上げたところ、中層階の角に、ガラス張りのレストランみたいなのが見えた。
オープンエアじゃないけれど、眺めはよさそうだと、とりあえず新丸ビルに突入。

中は新名所見物の人で、ごった返し。
誘導係のお姉さんをつかまえて、
外から見えるガラス張りの店はどこかと問いただしたところ、
どうやら7階らしいとわかり、エレベーターで直行。

ここも人でごった返し。
結局、疲れきって、ガラス張りの店に行きつく前に、
リーズナブルプライスに誘われて、スペイン料理屋に。

7階は、フロアの外側がぐるりとテラスになってて、それがけっこう広く、
ベンチやテーブルが、かなりな数、置いてある。
食後、テイクアウトのハートランドビールを買い、
東京駅が見える側のテラスで、夜景↓を肴に、ようやくオープンエア満喫。


気がつけば、昼前に歌舞伎座でビールを飲んでから、はや10時間。
12000歩も歩いたけれど、当然ながら体重増加。
連休明けから、またダイエット頑張らねば。

猫にピアス

  • 2007.04.15 Sunday
  • 09:31
吉祥寺駅前のハーモニカ横丁に、モスクワという立ち飲み屋があり、
その3階にテラス席がある。
周囲の錆びたトタン屋根を借景に、ビールやワインを飲む趣向。
ワインのフルボトル1500円から。

MY亭主は耐寒男なので、真冬でもひとりでテラス席で飲み、
わざわざ2階から注文を取りに来る店員さんに、多大な迷惑をかけている。

ようやく風もあたたかくなったので、一緒に行ってみたら、
黒猫がテラスの隅で丸くなっていた。
写真では見えにくいが、向かって右の耳にピンクのビーズがついている。
日頃から客に肴のおこぼれをもらっているらしく、
真っ黒な毛並みはつややか。

MY亭主がラム肉の骨を投げてやったら
ちょっとかじっていたが、口にくわえて、トタン屋根の彼方に。
贅沢を言わないところも好感度UP。

でも、どうやって野良猫にピアスをしたのか不思議。
絶対に嫌がって、暴れるだろうに。
でもただの黒猫よりも、ピアス黒猫の方が人気が出て、
客からのいただきものは多そう。

私のダイエットは、とうとう丸3カ月続いた。8キロ減。
久しぶりに会った姉に「どお?」と聞いたら
「前と変わらない」という返事。
ああ、努力はまだまだむくわれぬ。

中野の第二力酒蔵

  • 2006.12.04 Monday
  • 13:23

第二力酒蔵、いいです! 
読み方は、だいにちからしゅぞう。JR中野駅から3分。
けっして安酒場ではないけれど、正しい大衆酒場風。
ちなみに第一力酒蔵はありません。

以前、ある映画鑑賞会の打ちあげで連れてきてもらったのだけれど、
亭主が気に入り、「ぜひ、もっかい行きたい」と言うので先日再訪。
土曜日の4時半に入店して、5時にはテーブル席がいっぱい。
お店の人も、きびきび、にこにこ、フレンドリー。


ぷっくり太って大きな生ガキ5個で850円。
2個、食べちゃってから、お、写メ、写メと気づいて撮影。
よって3個しか写ってません。


貝類、大好き。せっかく中野まで来たのだからと、
時価のアワビとサザエの値段を聞いたら、アワビ4500円、サザエ2500円。
さすがにアワビは我慢してというか、清水の舞台気分というべきか、
とにかくサザエに。写真じゃわかりにくいけど、握りこぶしよりひとまわり大きい!

ほかにもぶり大根とか、寄せ鍋とか、がっしり食べて、
亭主とふたりで調子づいて日本酒8合。
魚を食べたい時に、オススメの店です。

↓植松三十里公式ホームページ「松の間」はこちら
【松の間】

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM