インスタグラムはじめました

  • 2018.01.24 Wednesday
  • 06:03

「冷やし中華はじめました」みたいだけれど、遅ればせながら、初孫の誕生を機に「インスタグラムはじめました」。孫を産んだのは長女で、次女からは冷ややかに「孫自慢アカウント」と評されております。よかったら見てやってくださいませ。

http://www.instagram.com/midori_uematsu/

こんな感じです↓

1年を振り返って

  • 2017.12.30 Saturday
  • 19:09

 今年は、作家になって初めてというくらい原稿がおせおせで、頑張りの年でした。「歴史街道」の1月号から「果てなき図面」が始まり、来年6月までの連載予定で、これは今も毎月、順調に書き進んでいます。

 それとは別の連載、佐賀藩主の鍋島直正を主人公にした「かちがらす」が、6月から「佐賀新聞」でスタート。その3ヶ月前に佐賀に取材に行って、連載開始前に最後まで書き上げてしまうつもりでした。ところが、この読みが大幅に甘かったのです。

 鍋島直正は「薩長土肥」の「肥」、肥前佐賀藩を率いた人だけに、複雑な幕末史のど真ん中。書き始めてみると、「果てなき図面」の執筆や取材もあって、いつになく時間がかかり、3分の1ほど書いた段階で6月になってしまいました。だいたい連載2本を甘くみておりました・・・。

 ともあれ史実上の大きな誤りがないようにと、佐賀県を通じて、地元の郷土史家の方や図書館の郷土史担当などの専門家に、内容のチェックをお願いすることにしました。具体的な段取りとしては、書けたところまでを、まず佐賀県職員の方にデータ原稿で送信し、そちらから地元の専門家の方にまわしていただく。私のところに朱が入った校正用紙が戻ってきたら、前後のつながりを考えながらデータ原稿を訂正して、今度は新聞社に入稿する。すると新聞社からは、挿絵の入った新聞1段分の画像が送られてくる。それを最終的にチェックして、数日後には新聞掲載という形でした。

 この一巡が終わって、また次の一巡がまわってくるのなら、どうということはないのですが、最初の原稿書きと、朱入れの直しと、挿絵の入った最終チェック、それぞれ別の部分が同時進行で押し寄せたのです。つまり物語の先の方を書きながら、後ろの方に戻って朱入れを直し、さらに、もっと戻って最終チェックをするわけです。今、自分が、どこを書いているのか、頭の中は大混乱。内容チェックは、もともと私自身が望んだことなのですが・・・。

 筆も遅れに遅れ、3ヶ月で書くつもりのところが、なんと7ヶ月もかかってしまい、私としては近年にない遅筆でした。それに伴って、夏から書くつもりだった文庫の書き下ろしが、後に押してしまい、これで約束の期日に間に合うのかと、さすがに泣きそうでした。

 その間に、単行本の文庫化の校正を3冊分やって、講演会にも出かけ、海外を含めた取材にも出かけ、次の単行本の企画も考えつつ、化粧品のカタログ誌の「時代を生きた女たち」の月刊連載も書き、隔月刊誌「島へ。」の「島々の歴史ものがたり」を書き、単発の小さな原稿依頼もこなし・・・。さすがに時代小説家の仲間から「植松さん、仕事しすぎ」と言われますが、お仕事があるのはありがたくて、ご依頼は、とうてい断れませぬ。

 「佐賀新聞」の「かちがらす」は年内に終える予定でしたが、最終話は1月5日までずれ込みます。佐賀の皆さんは、どうか最後までお付き合いください。今、単行本にするための校正をしているところです。佐賀県や佐賀新聞、郷土史家、イラストや題字など、たくさんの方々にお世話になりました! 本当に頭が下がる思いです。

 おかげさまで、年末になってみれば、どれもこれも間に合って、植松三十里、エライぞ! また来年も、いっぱい仕事したいです。懲りない私・・・。

 下は本日12月30日「佐賀新聞」掲載の「かちがらす」207話です。

「かちがらす」タイトル文字

  • 2017.09.09 Saturday
  • 13:09

 佐賀新聞で連載中の小説のタイトル文字を額装しました。

 「かちがらす」というのはカササギともいう鳥で、佐賀に取材に行った際に、目と鼻の先で初めて見て、羽ばたきの美しさに見とれました。もともとは秀吉の朝鮮出兵の際に連れてこられて、野に放たれたのだとも言われています。「かちかち」と鳴くのが「勝ち」に通じ、武家には縁起のいい鳥とされたそうです。

 連載のタイトル文字が、この筆文字に決まるまでには、ちょっとしたドタバタがありました。実は連載開始の直前まで、私がタイトル文字を決めかねていていたのです。

 そんな時、いつも参加している幕末史研究会の二次会で、会長の小美濃清明さんが、たまたま近くに座っていた女性を指差して、「植松さん、彼女が何者か知ってる?」と聞いたのです。それが菅谷有槻子さんでした。

 菅谷さんのことは何年も前から知っていたし、史跡探訪のツアーなどにも一緒に参加していたのですが、あまり話をする機会がなくて、何をしている人なのか聞いたことがありませんでした。すると小美濃さんいわく「彼女は海外で個展を開くような書家なんですよ」

 ひえ〜。これは何かのお引き合わせに違いないと確信し、泣き落としでタイトル文字をお願いして、引き受けていただいたのです。菅谷さんが私の本を読んでくれていたことも幸いしました。

 突然のことだけに、すぐに打ち合わせをして、雰囲気の異なる文字の画像が8種類ほど、夜中にスマホに送られてきました。私は目をこすりつつも、じっくり見比べ、2番めの文字に決めました。翌朝、佐賀藩江戸屋敷ならぬ佐賀新聞東京支社の方が、菅谷さんの自宅まで取りに行ってくれて、万事解決。連載開始の2日前だったか3日前だったかの話で、恐ろしい綱渡りでした。

 その後、新聞社から返していただいて、先日、額装ができてきた次第。左上に見える小さな文字は△判颪い討△蠅泙后菅谷さんが画像を送ってくれた際に、番号を振った名残りです。

 この額に向かい合う形で、毎日、原稿を書いているのですが、とても力のある文字で、書きあぐねている時にでも、目に入ると「頑張らねば」という気になります。

 

番組、見損ねてしまった

  • 2017.06.15 Thursday
  • 11:54

BS11の番組「尾上松也の謎解き歴史ミステリー」の10回めが2・26事件で、しばらく前にスタジオ撮りに参加したのですが、うっかりしているうちに昨日、放送されたようです。ここしばらく小説に没頭していたといえば聞こえはいいのですが、相変わらず、頭に一項目ずつしか入らなくて・・・。いずれ録画のDVDが送られてくるとは思うので、ま、そのうち見ます。

http://www.bs11.jp/entertainment/nazotoki-mystery/

 

佐賀新聞の連載はじまりました

  • 2017.06.01 Thursday
  • 12:14

今朝から佐賀新聞の小説連載「かちがらす」がスタートしました。画像は一段の前半分です。若き直正公の頑張りが始まります。私も責任重大。

それにしても、もう6月。あとひと月で、今年も半分が過ぎていく。確か去年も同じことを言っていた。

 

佐賀新聞で連載が始まります

  • 2017.05.31 Wednesday
  • 08:08

来年の明治維新150年の企画で、6月1日から佐賀新聞で小説連載が始まります。鍋島直正を主人公にした「かちがらす」です。かちがらすというのは佐賀平野に生息する鳥のことで、かささぎともいうそうです。幕末の佐賀は「黒鉄の志士たち」でも書きましたが、やっぱりメインのヒーローは直正公だと思います。昨日の佐賀新聞朝刊に予告記事が載りました。ご期待ください。

コレ↓が取材の時のヒーローとのツーショット。

http://30miles.jugem.jp/?cid=13

 

江戸東京博の意外な客層

  • 2017.05.28 Sunday
  • 06:20

 昨日、友人に誘われて、江戸東京博物館の「特別展 坂本龍馬 没後150年」に行ってきた。驚いたのが、その客層。

 今まで江戸東京博には何回も出かけているが、私が見るような歴史系の企画展は、定年退職後とおぼしき男性が多い。私と似たりよったりの年齢の女性も、けっこういる。だが昨日は若い女性が圧倒的だったのだ。

 「何が起きたのだ? もしかして坂本龍馬、若い世代にブーム?」などと思ったのだが、後で学芸員の方に聞いたら、昨日は「刀剣乱舞」というゲームとのコラボがあったのだという。私も友人たちも「刀剣乱舞って何?」という状態だったのだが、どうやら今、流行の刀剣女子たちが押し寄せたということらしい。そういえば、展示されていた刀のとこだけ、行列ができてたな。

 そういうお客さんが刀をきっかけに、龍馬に興味を持って、ついでに私の文庫本「お龍」を読んで、私のファンになって押し寄せてこないかなあと願うのだが、友人いわく。「刀剣女子は刀剣だけで完結しちゃって、その先には行かないんですよ」

 やっぱり駄目か。だいいち、こっちだって「刀剣乱舞」知らなかったんだし。

 


 

 

渋谷でマンゴーパフェ

  • 2017.04.24 Monday
  • 14:11

 嫁にいった娘が、時々、遊びに帰ってきて、母娘で外食をするのだが、娘の好みは「うなぎ屋で白焼きをアテに熱燗」とか「寿司屋のカウンターで生ビールと刺し身」とか、きわめてオヤジっぽい。

 せっかく母娘で出かけるんだし「流行のふわふわパンケーキ、食べに行こうよお」とか、もうちょい女子的なものをと主張したところ、母娘で渋谷に出る機会があり、おしゃれなオイスターバーでワイン1本あけて、その勢いでデパートの1階で高級化粧品を購入。とても女子な時間を過ごした後、私が「女子大生の頃から行ってみたかったフルーツパーラーが駅前にある」と思い出し、さっそくGO!

 で、行ってみたところ、メニューには各種フルーツパフェが目白押しで、「これよ、これ、女子な感じ、いいねえ」と大興奮。ふと見ると、今のシーズンおすすめのパフェは、宮崎マンゴーを使ったマンゴーパフェ2800円! あまりの高額ぶりに引きまくり。でも学生時代から40年も憧れてたし、これからも来ることは滅多になさそうだしと迷っていたら、娘が遠慮もせず「私、コレ」と2800円を堂々と指差す。同じものを食べても何だからと、私はローズ&ベリーというパフェに。それも1800円なり。

 出てきたのが下の写真であります。マンゴーふた切れ、分けてもらいましたが。さすがに美味しい。私のはバラが一輪、オシャレにのっかってきました。バラのアイスは好みもありましょうが、ちょっと石鹸みたいなフレーバー。オババが女子やるのも無理がありました。

 

BSのテレビに出ます

  • 2017.04.06 Thursday
  • 22:49

 去年の秋、和宮の話でBS・TBSで「高島礼子・日本の古都」に出演しましたが、今度は春日局の話で同じ番組に出ます。放送は明日7日の金曜日、夜10時から。再来週も続きがあって、2週分になるそうです。春日局の京都での足跡を追う形で、あまり知られていない話も多く、オススメです。また画面汚しで恐縮ですが。少しはやせればいいのだけれど、やせないし・・・。

 それとはまったく別の話ですが、たまたま亭主が渋谷の洋風立ち呑み屋で呑んでいたら、インタビューを受けたそうで、カットされなかったら、8日の土曜日の夜10時からBS・NHK「経済フロントライン」というのに出るらしいです。小麦や食用油の値上げの話だそうで、立ち呑み屋で語っているおっちゃんが出たら、それが私のつれあいです。

 

今日は2・26事件の日

  • 2017.02.26 Sunday
  • 05:00

 2012年に「置かれた場所で生きなさい」というベストセラーがあったことを、ご記憶の方はおいでだろうか。著者は渡辺和子さんというカトリックの修道女だった。「読んでみたいな」と思いつつ、日が過ぎてしまったのだが、彼女の父親が二・二六事件で命を奪われた教育総監、渡辺錠太郎だったことを、ついさっきインターネットで知った。

 渡辺和子さんは成蹊小学校3年生の時に事件に遭遇。それも彼女の目と鼻の先で、父親が43発もの銃弾を浴びて殺された。その後、中高は四谷の雙葉、大学は聖心に進学し、上智で修士号、ボストンカレッジで博士号を取得。洗礼を受けたのは18歳で、29歳で修道会に入った。後年にはノートルダム清心の理事長や、日本カトリック学校連合会理事長も務められた。亡くなったのは去年の12月30日だったという。

 最近はカトリックの神父さまやシスターのなり手が減っていると聞くが、彼女も、あの凄惨な事件に遭遇しなければ、別の人生を歩んでいたことだろう。

 今日は2月26日。81年前の今日、この時間に、渡辺家も将兵たちに踏み込まれたのだろう。

 

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM