「光秀」3刷、決定!

  • 2019.12.05 Thursday
  • 07:02

 来年の大河ドラマがらみのアンソロジー「光秀 歴史小説傑作編」の重版が、また決まったそうです。放送前から、なんと3刷! 文芸評論家で、この本の編者の細谷正充さんと、このあいだ角川のパーティで会ったので、おたがいに2刷を喜んだところでした。

 大河ドラマは出演者も多いし、1年間の長丁場だから、番組がスキャンダルに巻き込まれる可能性は、どうしても高くなっちゃうけれど、NHKの方々には頑張って頂きたいです。

 ドラマの視聴率が上がると関連本も売れるのですが、先に関連本がこれだけ売れるってことは、視聴率も期待できるんじゃないかと。

 

「黄色い煉瓦」のドラマ

  • 2019.11.26 Tuesday
  • 09:23

 拙作「帝国ホテル建築物語」の登場人物のひとりに、久田吉之助という焼物師がいるのですが、彼が主人公のドラマ「黄色い煉瓦〜フランク・ロイド・ライトを騙した男〜」が明日の午後10時から、NHKのBSで放送されます。

NHK「黄色い煉瓦」のサイト→http://www.nhk.or.jp/nagoya/renga/

 実際の久田吉之助については、牧口銀司郎という帝国ホテルのランドリー部門の責任者が、どんな人物だったのかを書き残しています。牧口は帝国ホテルから焼物の里である常滑に派遣されて、煉瓦の製作会社を立ち上げたのですが、とことん久田の扱いには手を焼いたらしく、記録にはダメ男っぷりが描かれています。久田の焼物作品には、とっても洒落たトンボの置物なんかもあってりして、いわば天才肌の芸術家で、その半面、とてつもなく破天荒な人物だったのだろうと思います。

 帝国ホテル以降、黄色い煉瓦は、スクラッチ・タイルという平面的なタイルに形を変え、ずいぶん流行したようです。先日、訪れた駒場の前田侯爵邸(写真)の外壁もスクラッチ・タイルでした。

 

 

行ったみたなら・・・

  • 2019.11.24 Sunday
  • 18:53

 ちょっと前に誕生日だったので、亭主が「いつも行かないような店に食事に行こう」と言う。「じゃあ、ちょうど銀杏の黄葉が見頃だし、青山の銀杏並木近くのレストランで」と、ネットでランチを探したら、どこも予約でいっぱい。ならば東大の駒場キャンパス内に、誰でも入れるフレンチのレストラン(下の看板の店だけれど、名前がややこしくて覚えられない)があるから、食事の後で構内の銀杏並木を、夫婦でシミジミ歩こうと思い立ち、電話で予約した。

 ところが行ってみてビックリ。なんと、よりによって本日は「駒場祭」でありました。博物館などで「行ってみたなら休館日」というパターンは、今まで何度も経験しているのですが、「行ってみたなら大学祭」というのは初めてでありました。私の下調べ不足という点では、共通していますけれどね。

 とりあえず最初の目的通り、お昼を食べてからキャンパスのメインストリートである銀杏並木へ。確かに銀杏は見頃でありましたが、そこには模擬店が並び、すごい人出。亭主はフレンチのコースを食べた後に「東大うどん部」の焼きうどんを食べました。私もひと口、もらいましたが、そこそこ悪くなかったです。でも本来の思惑とは、だいぶ外れた感が・・・。

 

  

連載がんばりました。

  • 2019.11.21 Thursday
  • 13:00

 「島へ。」という雑誌で連載していた「島々の歴史ものがたり」ですが、今、発売中の12月号で最終回です。娘がイラストを描いて、母娘コラボで、けっこう楽しく続けてきたのですが、隔月刊で7年。さすがにネタ切れでありました。ちょうど12月号で40回なので、キリがいいし、半年ほど前に、打ち切りを編集部にお願いしました。

 私の連載は長く続く傾向があるのですが、それでも離島関係だけで、よくぞ40箇所も書けたもんだと、自分でもビックリ。離島、好きなんですよね。出版元の海風舎さま、お世話になりました! 40箇所の島々の皆さま、勝手に書かせていただきましたが、ご容赦ください!

 それと先週、書き下ろしを1作、脱稿しました。書いている最中は、参考図書を木箱に入れておいて、脱稿すると一挙に本棚に戻すのですが、気がつけば、もう本棚が目一杯。戻す隙間がなくなっちゃって、片付かないよーと泣いています。

 島へ。→http://www.kaifusha.com

 

 

「カトリック生活」12月号に

  • 2019.11.16 Saturday
  • 12:42

「カトリック生活」という雑誌の12月号で、細川ガラシャにからめて小学校の時の思い出を、3ページ書きました。12月号はクリスマス号なので、いつもより発行部数が多いそうで、そんな時に私のエッセイなんか出ていいんだろうかと、ちょい申し訳ない気分。

カトリック生活→http://www.donboscosha.com/product/9049

 

歴史街道12月号に書きました

  • 2019.11.05 Tuesday
  • 21:44

「歴史街道」12月号の特集で、戦時中の外務大臣だった重光葵について6ページ、書きました。拙作「調印の階段」で主人公にした人物ですが、やっぱり戦争回避と終戦に尽力した外交官だなと、改めて思いました。第二次世界大戦の原因や経緯については、なかなか複雑なものがあるけれど、やっぱり知っておくべきだなと思います。

「歴史街道」のサイト→http://www.php.co.jp/magazine/rekishikaido/

 

オープン前の海舟記念館に行ってきました!

  • 2019.09.05 Thursday
  • 15:53

 明後日オープン予定の「大田区立勝海舟記念館」の内覧会に行ってきました。場所は海舟が愛した洗足池で、昭和8年にできたモダンな建物を活用した記念館です。

 海舟は質素倹約の旗本暮らしを貫いた人なので、お宝はないだろうと思いつつ出かけてみましたが、案の定、愛用の湯呑とか急須とか、本当に普段遣いの、海舟らしい品が展示されていました。

 その隣には使い込まれた文箱がありました。それも金蒔絵のような豪華なものではなくて、木彫りの漆器なのですが、麒麟と波の絵柄でした。ふたの裏も波が彫り込まれていて、海へのこだわりと、麟太郎の「麟」が麒麟の「麟」だから、この柄なのだろうなと思いました。だれかが海舟に贈ったものかもしれません。

 この文箱で、ちまちま日記を書いていたんだろうなと想像すると、なんとなく愛おしい感じです。

 私の「おたみ海舟」は10月4日に小学館文庫から発売になります。もう少し近くなったら予告しますので、お待ち下さい。

小学館の告知→http://www.shogakukan.co.jp/books/09406699

 

日刊ゲンダイに出ました。

  • 2019.08.25 Sunday
  • 11:02

 しばらく前に知り合いのライターさんからインタビューを受け、8月14日から4日間連載で「日刊ゲンダイ」の「喜怒哀楽のサラリーマン時代」というコーナーに、婦人画報社時代から札幌の建築事務所の頃のことを書いていただきました。画像は連載2回めの記事。右上は若い頃の私であります。こんな時代もあったのよ。遠い遠い昔ですが。

日刊ゲンダイに出ました。

  • 2019.08.25 Sunday
  • 11:02

 しばらく前に知り合いのライターさんからインタビューを受け、8月14日から4日間連載で「日刊ゲンダイ」の「喜怒哀楽のサラリーマン時代」というコーナーに、婦人画報社時代から札幌の建築事務所の頃のことを書いていただきました。画像は連載2回めの記事。右上は若い頃の私であります。こんな時代もあったのよ。遠い遠い昔ですが。

「空と湖水」のインタビュー記事

  • 2019.08.11 Sunday
  • 08:57

 「オール読物」8月号の「Book Talk」というページで、私へのインタビュー記事が載りました。「空と湖水」、いい作品なんだけどなァ。あまりに「帝国ホテル建築物語」の勢いがすごいんで、霞んじゃいそうだけれど、ぜひぜひ読んでいただきたいです。老若男女、誰からも泣けると言ってもらえています!

 

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM