「時代を生きた女たち」がネットで読めます

  • 2018.05.19 Saturday
  • 09:04

 オルビス化粧品のカタログ誌「Sibro」(以前の誌名はhinami」)で、数年前から連載し続けている「時代を生きた女たち」が、とうとう連載100回を超え、オルビスのサイトで読めるようになりました。初回は「Sibro」の4月号で掲載された作家の森瑤子さんです。今までは日本人女性か、日本に何らかの関わりを持った外国人女性を取り上げてきましたが、今後は日本人と外国人を半々くらいで書きたいと思っています。ぜひアクセスして、ご愛読ください。通勤電車の中とか、家事や子育てのわずかな時間とかに、気楽に読んで頂ければ幸いです。

http://www.orbis.co.jp/archives/detail/355?sns=tw&pcd=70001127&plnkcd=56471&pmcd=j20&pmsegcd=13

 

 

「かちがらす」関係の記事

  • 2018.05.06 Sunday
  • 07:48

 昨日の西日本新聞の書評ページで「かちがらす 幕末を読みきった男」が大きく紹介されました(下の画像)。4月下旬に佐賀に出かけた時に、記者の方が福岡から取材に来て書いてくれました。とてもよく読み込んでくださっていて嬉しいです。ここでも止めます。→ http://www.nishinippon.co.jp/nlp/book_auther/article/413825/

 その前に「週刊朝日」の「司馬遼太郎と明治」という連載で、司馬遼太郎氏の短編「肥前の妖怪」がらみのインタビューを受け、4月24日発売の号に載りました。全部で6ページの読物ですが、文章の半分くらいが私の「かちがらす」の話で、とてもありがたかったです。

 

東京新聞に「かちがらす」の記事が

  • 2018.03.28 Wednesday
  • 08:57

昨日の東京新聞夕刊の「大波小波」というコラムに、拙作「かちがらす」が取り上げられました!

西日本新聞の「かちがらす」書評

  • 2018.03.09 Friday
  • 20:39

西日本新聞の書評に「かちがらす 幕末を読みきった男」が取り上げられたようです。

このサイト↓で読めます。

http://www.nishinippon.co.jp/nlp/reading_guide/article/399947/

 

「千両絵図さわぎ」の書評

  • 2017.05.30 Tuesday
  • 10:34

時代小説のネット書評で定評がある「時代小説SHOW」で、中公文庫の「千両絵図さわぎ」が取り上げられました。「知られざる朝鮮通信使の世界を描く、笑いのち涙の傑作」ですって。うれしー!

http://www.jidai-show.net/2017/05/28/post-senryo-ezu-sawagi/

 

 

「週刊東洋経済」に書評が!

  • 2017.04.05 Wednesday
  • 07:06

4月3日発売の「週刊東洋経済」に「雪つもりし朝 二・二六の人々」の紹介が載りました。「事件に不案内な人、多くの知識を持つ人、いずれにとっても充分楽しめる内容である。」と書いてくださって、そこんとこが特に嬉しい。歴史小説には文芸書としての感動のほかに、「そんな歴史があったのか」とか、知っている歴史の中に「そんな意味があったのか」などの驚きがあるべきで、この本は、その辺りが特にうまくいったのではないかと自負しています。頑張っていると見ていてくれる人はいるのだなあと、しみじみ嬉しいです。

時代作家クラブの書評に

  • 2017.03.17 Friday
  • 09:22

時代作家クラブの書評に「雪つもりし朝 二・二六の人々」が取り上げられました。筆者の雨宮由希夫さんは、私のデビュー作「桑港(サンフランシスコ)にて」の書評を、いちばん最初に書いてくださった方で、以来、ご縁があります。

http://rekishijidaisakkaclub.hatenablog.com

 

本の紹介がラジオで

  • 2017.03.10 Friday
  • 07:57

「本の旅人」で「雪つもりし朝 二・二六の人々」の書評を書いてくださった大矢博子さんが、ラジオ番組でも紹介してくださったそうです。気に入ってもらえて嬉しいです。聞いてらっしゃった方が、たくさん読んでくださると、もっと嬉しいです。

http://twitter.com/ohyeah1101/status/839633267485650944

「本の旅人」3月号に

  • 2017.03.07 Tuesday
  • 21:16

「本の旅人」3月号で、書評家の大矢博子さんが「雪つもりし朝 二・二六の人々」について2ページで書いてくださいました。とても気に入って頂けたようで嬉しいです。

 

今朝の読売新聞に載りました

  • 2016.09.04 Sunday
  • 10:26

今朝の読売新聞の「ポケットに1冊」というコーナーで、拙作「猫と漱石と悪妻」が取り上げられました。売れ行きも好調のようです。

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM