世代間ギャップ

  • 2009.01.26 Monday
  • 14:01


↑これは、うちのコタツのスイッチなのだが、
どこからどう見ても、コタツはONの状態だ。
だが娘には、これが理解できない。
「おかあさん、『入』ってのは、ついてるって意味だよね」と
しょっちゅう確認する。

なぜ、そんなことが起きるかというと、
パソコンの音楽ソフトなどを開くと、
PLAYを意味する右側のとがった三角マークが表示されて、
それをクリックすると曲が始まる。
音楽を聴いている間中、STOPを意味する四角マークが表示されていて、
止めたい時は、それを押す。

要するにONの時にはSTOPの表示で、
ONの時に「入」になるコタツのスイッチとは逆。
だから、これに馴れてしまったパソコン世代は、
日本的「入」と「切」の切り替えに混乱してしまうらしい。

次に、娘にできて、私にできないこと。
それはお菓子のパッケージを正しく開けること。
コンビニで買ってきたようなチョコレートやクッキーには
たいがい「ここから開けなさい」という意味で、
ちっちゃなフラップやミシン目が入っている。
しかし老眼のオバサンには、そんなものは見えない。
箱の横からベリベリとはがして、娘たちの顰蹙を買う。

カップ麺の包装用フィルムも、
ちゃんと裏にフラップがついているが、
ちまちま爪の先ではがしていると、
なかなか取れずに苛立ってくる。
で、毎度、先のとがった包丁を持ち出して、
プスンと穴を開けて、ひっぱがすことになる。

ピザソースのふたもそう。
ちっちゃなミシン目が入っているらしいのだが、
それを探すのが面倒で、
これはもう力まかせに、ふたをねじ切る。

CDのパッケージなんて、腹立たしいもいいとこ。
今どき若い子はCDなんか買わないんだろうから、
老眼用に、すぐ開けられるようにしてもらいたい。
なんどケースごと割ってしまいたい衝動に駆られたことか。

われながら乱暴なこととは思えども、
食べ物関係は、今すぐ開けて、今すぐ食べたい、
CDは今すぐ聴きたいというモードに入ってしまうので、
開け口を探すなどというシチ面倒くさいことはできないのだ。

でも娘いわく。
「お菓子の箱を横から開ける方が、よっぽど面倒だと思うけど」
ごもっとも。

いつだったか酒の席で「大河ドラマといえば」という話になり、
「なんてったって、太閤記よねえ。緒形拳が豊臣秀吉をやったやつ」
「高橋幸治の織田信長が、はまり役でね」
「あと赤穂浪士。チャッチャーン、チャ、チャラララ、チャッチャーン」と、
テーマ曲まで口ずさんで盛り上がっていたら、
お友達だと思っていた某氏が「それ知らない」と言い出してビックリ。
長谷川一夫の「おのおのがた」という、くぐもった声の台詞は知っているのに、
なんとドラマ自体を知らないのだ。
お友達との間でさえ、世代間ギャップがあろうとは。

ネットで調べてみたら「赤穂浪士」は、私が10歳の時の放送。
その次が「太閤記」で、次が「義経」。なつかしー。
「義経」は放送後、主演の尾上菊之助と、静御前役の藤純子が結婚したそうな。
大河ドラマって、子供の頃の方が、一生懸命、見てたような気がする。
ほかに娯楽がなかっただけか・・・。

スポンサーサイト

  • 2018.11.13 Tuesday
  • 14:01
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    ご無沙汰しております。

    お菓子袋の切込み・・・・痛いほどよく判ります!

    「私は貝になりたい」自分は、フランキー堺さんのつもりで
    話しが合ってホットしても・・・・所 ジョージ
    さんだったりして???
    • きーまお
    • 2009/01/26 6:32 PM
    ☆きーまおさん
    こちらこそ、お久しぶりです!
    「私は貝になりたい」には、もう中居くんの世代も現れてますよね。
    「里見八犬伝」にも、それがあって、
    人形劇で見た世代、角川映画で見た世代、アニメで見た世代。
    それぞれストーリーがちがうから、話が通じない。
    • 三十里
    • 2009/01/27 9:20 AM
    こんにちは!
     いつも面白ろ楽しいブログですけれど、今回はもう読みながら、そうそう、うんうん、私も〜! と涙流しながら読んでいました。日本的スイッチ世代の私はパソコン系のオン・オフに慣れるのに苦労したこと、思い出しました。
     お菓子にCD、袋をあけるときのイライラ、よくわかります。包丁ぷっすん! 笑えました。私は商品を手に取ったら、迷わずぷっすん派です。CDから時代は更に遡り、我が家はビデオテープすらまだ現役でつかっているので、あの明け口がみつからず、厚紙のケースの端はどれもよれています。
     大河ドラマは「黄金の日々」、るそんすけざえもんという名前が今でも忘れられません。今の松本幸四郎のパパの若かりし時の作品で、ここから記憶があります。秀吉といえば、大河ではないと思うのですが、柴田恭平、こんなはまり役はないと思ったことがあります。
    里見八犬伝は人形劇派。あと世代間ギャップを感じるのは西遊記です。夏目雅子と堺正章、ドリフターズ、香取真吾くん。植松さんはどれが記憶に残っていらっしゃいますか?

    ではでは次のブログを楽しみにしております!!
    • 鎌倉RIS
    • 2009/01/27 10:55 AM
    お書きになられたこと、すべてに異議を認めません。同意いたします。(血判押す)
    • 鵜飼清
    • 2009/01/27 7:12 PM
    ☆鎌倉RISさん
    そうそう、ビデオテープ、あれも腹立ちます。
    ドリフターズの西遊記、ありましたねえ。高木ブーの猪八戒。
    あとは覚えてますよー。

    ほんとはブログ書いてないで原稿書かないと。


    ☆鵜飼清さん
    よいか。血判は内密ぞ。
    歳がばれる。
    • 三十里
    • 2009/01/28 7:21 AM
    免許証の取り直し苦戦談、今回の「年齢ギャップ」の話、ともに味のあるお話に当方苦笑。それにしても”さすが”と感心。だって交通教則本は誠に難題。孫の為に私も一緒になって勉強したんですよ。今度の3月には「高齢者運転講習を受けなければなりません。あれ、本当に」憂鬱です。東京會舘でお会い致します。
    • 小梁川
    • 2009/01/28 2:42 PM
    ☆小梁川さん
    高齢者運転講習は、かなり腹立たしいみたいです。
    何十年と、自分は安全運転と信じてきたのに、
    ごちゃごちゃと文句言われて、キレる人がけっこういるとか。
    • 2009/01/29 10:10 AM
    私もコタツのスイッチわかりませんでした(T0T)
    旦那さんが持ち込んだのが全く同じタイプです!

    どっちか分からなくて何度も電熱部分に触れて確かめてました(‐▽‐;)
    • 酔いどれ天使
    • 2009/02/06 4:49 PM
    ☆酔いどれ天使さん
    やっぱり!
    うちの娘が特にオバカなのかとも思ったのですが。
    • 三十里
    • 2009/02/08 2:51 PM
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM