スポンサーサイト

  • 2017.10.13 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    今日は2・26事件の日

    • 2017.02.26 Sunday
    • 05:00

     2012年に「置かれた場所で生きなさい」というベストセラーがあったことを、ご記憶の方はおいでだろうか。著者は渡辺和子さんというカトリックの修道女だった。「読んでみたいな」と思いつつ、日が過ぎてしまったのだが、彼女の父親が二・二六事件で命を奪われた教育総監、渡辺錠太郎だったことを、ついさっきインターネットで知った。

     渡辺和子さんは成蹊小学校3年生の時に事件に遭遇。それも彼女の目と鼻の先で、父親が43発もの銃弾を浴びて殺された。その後、中高は四谷の雙葉、大学は聖心に進学し、上智で修士号、ボストンカレッジで博士号を取得。洗礼を受けたのは18歳で、29歳で修道会に入った。後年にはノートルダム清心の理事長や、日本カトリック学校連合会理事長も務められた。亡くなったのは去年の12月30日だったという。

     最近はカトリックの神父さまやシスターのなり手が減っていると聞くが、彼女も、あの凄惨な事件に遭遇しなければ、別の人生を歩んでいたことだろう。

     今日は2月26日。81年前の今日、この時間に、渡辺家も将兵たちに踏み込まれたのだろう。

     

    スポンサーサイト

    • 2017.10.13 Friday
    • 05:00
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      渡辺和子さんですが、シスターになられたのは、よく聞かれたようですが、226事件とは関係ないそうです。

      ただ、青年将校たち遺族とお会いした時、赦しているはずなのに、その時出されたコーヒーに口をつける事が出来なかったそうです。
      • YUKI
      • 2017/03/22 11:27 PM
      そうでしたか。ちゃんと読んでみないと駄目ですね。
      • 三十里
      • 2017/03/24 5:19 PM
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM