西郷さんのアンソロジー

  • 2017.05.03 Wednesday
  • 12:59

 去年の『女城主』に引き続いて、来年の大河ドラマ関連のアンソロジー『西郷隆盛 英雄と逆賊』のために、短編を書きました。今度もすごい筆者が並んでます。池波正太郎、海音寺潮五郎、南條範夫、古川薫、そして私、で、いいのか? この本のための描き下ろしは私だけだから、ま、オマケみたいなもんですけれど。

 題名は「可愛岳越え」で、主人公は西郷菊次郎。西郷との父と子の物語です。小学館文庫の『愛加那と西郷』と重なる部分もあるけれど、西南戦争は改めて調べて書きました。

 アンソロジーの編者である細谷正充さんの解説によると「PHP研究所から『西郷隆盛』でアンソロジーを作れないかといわれ、作品を探したところ、予想以上に苦労した。だが一方で不思議なことに、見つかった作品はどれも、珠玉といっていいほどの出来栄えを誇っている」という。

 私のも、なかなかよく書けたんじゃないかと自負しています。こういうのを機に、私の名前を覚えてくれる読者が増えることを、何より期待しています。

http://www.amazon.co.jp/西郷隆盛-英雄と逆賊-PHP文芸文庫-正太郎-三十里/dp/4569767222/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1493781141&sr=8-1&keywords=植松三十里%E3%80%80西郷隆盛

 

スポンサーサイト

  • 2017.06.15 Thursday
  • 12:59
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    幕末を勉強しはじめました。人物が入り乱れてややこしいです。西郷隆盛は幕末の英雄トップ10に入る人物。だからこそ、作者はどの部分を切り取り画くのか興味津々。楽しみです。
    • ツユクサ
    • 2017/05/05 8:58 PM
    時系列で追っていくと、とても複雑なので、西郷さんとか新選組とか、人をとっかかりにすると理解しやすいです。ちなみに私は勝海舟だったかな。
    • 三十里
    • 2017/05/06 3:19 PM
    勉強の進め方のアドバイスをありがとうございます。時系列のほうが解りやすいかと思ったのですが、かえって人物が入り乱れて収集がつかなくなっておりました。先生にこんな助言をいただけるとは思ってもおりませんでした。嬉しさ一杯です。
    • ツユクサ
    • 2017/05/06 9:09 PM
    いやいや、アドバイスってほどのものでも・・・。
    • 三十里
    • 2017/05/06 11:19 PM
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM