ちょっとだけ重版

  • 2017.05.08 Monday
  • 11:04

報告が遅くなりましたが、角川文庫の『咸臨丸、サンフランシスコにて』が、4月25日に重版になりました。といっても従来のように何千部も出たわけではなく、小さなロットの印刷が可能になったそうで、その手の重版です。でも文庫になったのが7年前で、じわじわと売れ続けていたのだなあと思うと、かなり嬉しいです。デビュー作だし。

スポンサーサイト

  • 2017.06.15 Thursday
  • 11:04
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    そういえば、自宅手文庫を整理してたら、先生の「桑港にて」が掲載された歴史読本が出てきました!
    そうそう、この作品は「桑港にて」で雑誌に載って、「代表作時代小説」っていう年間アンソロジーにも選ばれて、それから単行本になって、文庫本にもなって、さらに重版という、拙作の中で最優等生なのであります。
    • 三十里
    • 2017/05/09 10:14 AM
    おめでとうございます。
    私の手元にあるのは、平成22年4月25日初版発行です。初版を持ってるぞと、胸を張れます。先生の文庫版あとがきと縄田一男氏の解説でも書いておられるように「ほどなく全員の名前が明らかになった」の文章に涙が出たことを思い出しました。
    • ツユクサ
    • 2017/05/09 8:57 PM
    そういえば、あとがきを書いたのも、ずいぶん前になりますね。
    • 三十里
    • 2017/05/12 7:20 PM
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM