『志士の峠』が文庫本になります

  • 2017.12.20 Wednesday
  • 16:13

 天誅組の挙兵を描いた『志士の峠』が文庫本になります。明後日、12月22日に発売です。ヤマモトマサアキさんの装画に、伊東潤さんの帯の言葉が効いています。「新世紀を代表する歴史小説である」って、ちょっと褒めすぎ・・・。嬉しいけれど。細谷正充さんの解説が、また熱いんです。ぜひ、お買い求めください。

http://www.amazon.co.jp/志士の峠-中公文庫-う-植松-三十里/dp/412206497X/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1513753220&sr=1-1

 

スポンサーサイト

  • 2018.06.13 Wednesday
  • 16:13
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    維新150年、熱い年の開幕に素晴らしい一冊ですね。本屋へ走ります。
    ありがとうございます。伊東さんの推しだし、きっと楽しんでいただけると思います。
    • 三十里
    • 2017/12/21 12:05 AM
    この事件の事はまったく知らず、この本で学びました。物語を通して考え方や人間関係、時代背景を知りました。面白く読み進められました。今年の江戸検定のお題が(幕末)でした。この時代はややこしくて苦手でしたが、先生の何冊かの本のお陰でやっと江戸検定1級に合格いたしました。以前アドバイスを頂いた事もあり、なんとお礼を申し上げて良いのかわかりません。私としては、ずっと江戸に関わっていきたいと思います。
    • ツユクサ
    • 2017/12/24 1:34 PM
    天誅組の変という言葉は聞いたことがあっても、意外に知らないんですよね。江戸検定1級はツユクサさんの努力の成果だけれど、少しでもお役に立てたなら、よかったです。
    • 三十里
    • 2017/12/24 10:53 PM
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM