今度の新刊と東京女子大の頃

  • 2019.04.09 Tuesday
  • 08:12

 まもなく発売になる新刊「帝国ホテル建築物語」には、アントニン・レーモンドという若い建築家が登場します。フランク・ロイド・ライトの弟子のひとりで、設計助手としてノエミ夫人とともに来日した人物です。彼は帝国ホテルの完成前にプロジェクトから外れ、東京で設計事務所を開いて独立しました。その後、東京女子大学を設計しています。私の母校です。

 私は学生当時、まるで勉強する気がなくて、友達もおらず、いつも授業をさぼって本館2階にあった図書室に行き、かといって本を読むわけでもなく、ひとりでステンドグラスの窓際にある古びた木製椅子に座っては、ぼんやりと庭を眺めていました。素敵なキャンパスだなあとは思いつつも、誰が設計したかも知らず。無意味に思えた時間だったけれど、もしかしたら、あの時間が今回の新刊の底にあるような気がしてなりません。

 東京女子大に入る前は、静岡の駿府城址にある女子校に、中学と高校の6年間、通っていました。明治の始めには、すぐ近くに静岡学問所があって「ひとり白虎 会津から長州へ」の飯沼定吉や「群青 幕府海軍の礎を築いた男」の矢田堀影蔵が、その学問所に関わったことがわかっています。やはり、これも土地の歴史に呼ばれたような気がします。

 ところでサイモンとガーファンクルの歌で「フランク・ロイド・ライトに捧げる歌」というのがあるのだけれど、それが出たのは1970年で、私が高校生の頃。当時、サイモンとガーファンクルは大好きだったけれど「フランク・ロイド・ライトに捧げる歌」は知りませんでした。今、聞いてみると、いい歌だなあと、しみじみ思います。

 下の写真は一昨年の夏に東京女子大に行った時に撮ったもの。背後の本館のシルエットには、なんとなくライトのテイストが感じられます。ステンドグラスのデザインはノエミだと思います。麦をモチーフにしたのかな。

 ちなみに「帝国ホテル建築物語」には渋沢栄一も登場します。新しいお札の顔!

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.05.21 Tuesday
  • 08:12
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    早速読ませていただきました。プロローグから引き込まれ、一気に最後まで。谷口吉郎さんにしても憧れの建築家、ましてやライトは私達世代には神様的存在でしたから。でも読み進むうちにとっても身近な人間味が感じられ、まるで私の勤めていたときの所長、師匠に似てるなあと。
    実に生々しく当時の様子が手に取るように伝わってきて、私も一緒に図面引いたり現場行ったりした気分になりました。サイモンとガーファンクルの曲も久しぶりに聴かなくちゃ😉ありがとうございましたm(_ _)m
    • ゆめ
    • 2019/04/13 6:06 PM
    ありがとうございます! 嬉しい!!
    本が出て、感想が届くまで、ちょっと緊張が続くのですが、こういう感想をいただくと、心からホッとします。
    • 三十里
    • 2019/04/16 7:36 AM
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM