新刊「大和維新」を書くまで

  • 2018.09.24 Monday
  • 19:47

 奈良県の法隆寺の近くに安堵町といって、全国で3番めに小さい町があります。明治維新以降、特筆すべき人物が3人、そんな小さな町から出ました。

 ひとりは幕末生まれの今村勤三。廃藩置県の後、大阪府に併合された奈良県を独立に導いた人物です。2人めは、その息子である今村荒男。伝染病の研究を経て、戦後最初の阪大総長になりました。3人目は荒男の親友だった富本憲吉。日本初の人間国宝になった陶芸家です。

 明治維新150年の今年、その3人を絡めた小説を書く作家はいないかと、安堵町から新潮社に依頼があり、さらに新潮社から私に打診がありました。3題小話のようで難しいオーダーだし、面白く描ける自信が持てなかったらお断りしようと思いつつ、とりあえず資料を読んでみました。すると今村勤三の行動力が圧倒的に面白く、彼を主人公に据えて息子とその友だちを絡めるという展開で、あらすじを書き、これでよければとお引き受けしました。

 それから編集者と一緒に安堵町に取材にでかけて、関係者にお目にかかり、現存する今村家と富本家の建物を拝見。さらにご子孫にも話を通して執筆にかかりました。

 今村勤三は天誅組の志士を師に持ち、13歳で天誅組の変に遭遇しており、その辺りのことは4年前に「志士の峠」を書いた際に把握していました。また今村勤三は一時期、故郷を離れて、四国のこんぴらさん近辺で鉄道の敷設に尽力したのですが、こんぴらさんへはデビュー作の「咸臨丸、サンフランシスコにて」関係で出かけたことがあり、とてつもない数の石段に閉口しました。さらに勤三は、奈良県独立の請願書を新技術の活版印刷で大量に用意して活動していますが、活版印刷については月刊誌の「WEDGE」で幕末明治の技術系の読み物を連載した時に、すでに調べてありました。

 一方、陶芸家だった富本憲吉はロンドン留学経験があり、その取材にも行くことができました。たまたま去年の年末から今年2月はじめまで渡欧する機会があって、ロンドンで暮らしていたと思われる下宿先と、彼が日参したという工芸の美術館も見て来ました。

 彼の主要な作品は、とりあえず美術書で確認し、その後、倉敷の大原美術館と、虎ノ門にある陶芸専門の智美術館で実物を見ました。どれも独特の細かい模様で、ひと目で富本憲吉のものとわかる作風。現代感覚でも「おしゃれで、かわいい」と感じられるし、若い世代にも高く価されてしかるべき陶芸家だと思いました。

 そんなこんなで書いたのが「大和維新」です。幕藩体制という地方分権から、明治政府の中央集権に変わったのが明治維新で、近年まで地方は置き去りにされがちでした。でも、そんな流れに抗った人たちがいたことを、この作品で読み取って頂ければ幸いです。

 主要な登場人物が関西弁をしゃべるせいか、個性的なキャラが立ちやすかった気がします。関西弁、すごいなと改めて感じた次第。

 写真は安堵町の町長室で拝見した富本憲吉の作品。彼ならではの細かい模様とは違いますが、興味のある方は「富本憲吉 作品」で画像検索してみてください。

新刊「大和維新」発売になりました。

  • 2018.09.22 Saturday
  • 08:16

新刊の単行本「大和維新」が昨日、新潮社から発売になりました。奈良県が大和国の誇りを保ちつつ、大阪府から独立する物語です。明治維新後、県境の線引に対する不満や見直しは、日本全国どこにでもあったことだし、多くの方に共感していただける内容だと思います。明治維新は、あの戊辰の一年間だけで達成されたのではないので、「大和維新」という題名をつけました。蓬田やすひろさんのカバー絵は、きっと大和の夜明けを表現しているのでしょう。

 

桜田門から和田倉門へ

  • 2018.09.14 Friday
  • 10:15

 桜田門から和田倉門まで皇居内を歩いてみた。江戸城本丸や大奥があった東御苑は何度も行っているし、二重橋までは足を伸ばしたことはあるが、桜田門は実は初めて。

 どの辺りで井伊直弼は殺されたのか、さぞや屈辱だっただろうなと感慨深いものがある。以前、彦根城に行った時にも、藩士たちは江戸で殿さまが斬殺されたと聞いて、どれほど衝撃だっただろうと思った。

 二重橋(写真上)は外国人の観光ポイント。近代的な石橋の向こうに、日本ならではのお城が望めるところが、いいんだろうな。

 さらに北に向かって和田倉門方向へ。桔梗濠(写真中)を挟んだ東側に和田倉噴水公園(写真下)がある。水路や噴水を使った洒落た公園で、幕末には会津藩邸が置かれた場所。幕府が官軍に恭順を決めた後、会津藩はここを引き払って、全員が国元に帰ったのだが、藩主だった松平容保はどんな気持ちで、この地から立ち去ったのかなあと思う。

 曇り空で風も涼しく、歩くのには快適だったけれど、ちょっと写真が暗くて残念。ともあれ江戸城跡には、いろいろ歴史ドラマがあるなあと、改めて感じ入った次第。

 

なぜ「大正の后」を書いたのか

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 11:40

 なぜ私が「大正の后」を書いたのかを、改めてご説明したいと思います。少し長くなりますし、前にも書いたこともあるかもしれませんが、どうか最後まで読んでいただければ幸いです。

 今から5年前のこと。大河ドラマで「八重の桜」が放送され始めた時、PHPの「歴史街道」編集部から「なぜ会津藩は戦争に踏み切ったか」というテーマで、原稿依頼が来ました。大河ドラマ絡みの特集の一部で、いつも特集は何人かの分担で構成されます。私の小説の師である早乙女貢先生のご縁で、会津のことは、いちおうは心得てはいましたが、会津専門のライターさんはたくさんいるのに、なんで私ごときが、そんな重大なテーマを与えられたのか、頭の中は「?」だらけでした。難しい話だからこそ、あまり硬い文章にならないようにという編集部の配慮だったのかもしれません。

 ともかく、ご依頼いただいたからには頑張るのが信条で、短期間にがむしゃらに調べて原稿を書きました。その時、九条道孝のことを詳しく知りました。「奥州皆敵」と言った世良修蔵の上司だったお公家さんです。もともと九条道孝は親幕府派で、会津には寛大な処置を望んでいました。でも部下の戦いのエネルギーに押され、さらに奥羽越列藩同盟が成立して、戦争が始まる最中、九条道孝はわずかな伴を連れて、東北諸藩を放浪するという苦労をしました。

 そんな文章を書いてしばらく後、大正天皇の皇后さまである貞明皇后が、高円寺の農家に里子に出されて育ったと知りました。高円寺は私の住む吉祥寺から、新宿寄りに4駅目。そんな近くでと勝手に親しみを覚えました。

 それで調べてみたところ、なんと「歴史街道」で書いた九条道孝の四女でした。さらに貞明皇后はご自身の次男である秩父宮に、会津松平家から妃を迎えており、その結婚式が会津藩の正式な降伏日の、ちょうど60年後。さらに調べを進めたところ、昭和天皇のおしるしが若竹で、秩父宮は若松。これはまさしく秩父宮が誕生された時から、会津若松の名誉回復を意識されていたのだと確信しました。きっと父親である九条道孝から引き継いだ夢だったのでしょう。

 そんなことから「大正の后」を書きたいと思いました。でも、まだ時代の新しい皇室ものだし、少し抵抗を感じる編集者もいました。引き受けてくれる編集者がいなくては本になりませんし、無理かなあと案じていたところ、PHPの文芸系の編集者が、たまたま高円寺の出身で、話に乗ってくれました。そんなことを思い返してみると、「歴史街道」であんなに難しいテーマが降り掛かってきたのも、「大正の后」への一歩だったのかもしれません。

 私が参加している幕末史研究会の会長は、武蔵野市生まれの武蔵野市育ちですが、貞明皇后が崩御された時に小学生で、吉祥寺駅西側の交番のある踏切脇に学校総出で立って、八王子の御陵まで御遺体を運ぶ蒸気機関車の、お見送りをしたそうです。そんな大昔の話じゃないんだなあと、つくづく思います。

 庶民感覚を持たれた、かっこいい皇后さまです。平成の改元を前に、ぜひ、ご一読を!

 

「大正の后」が文庫本になりました!

  • 2018.09.08 Saturday
  • 09:38

 2014年にPHPから単行本で出た「大正の后」が「大正の后 昭和への激動」というサブタイトルをつけて、まもなくPHP文芸文庫から発売になります。読書メーターという読者感想のサイトでは、拙作の中で圧倒的に感想の数が多くて、たくさんの方に読んでいただいたのだなと感じ入っています。文庫本は手に取りやすいので、もっともっと多くの方に読んでいただければ幸いです。私自身が、もっとも好きな作品のひとつです。

読書メーター→http://bookmeter.com/books/8244376

 

「咸臨丸、サンフランシスコにて」は3刷

  • 2018.09.05 Wednesday
  • 06:42

「ひとり白虎」の前に書くべきでしたが、2010年に角川文庫から出た「咸臨丸、サンフランシスコにて」が、小さいロットですが、先月末に3刷になりました。歴史文学賞を頂いてデビュー作となった「桑港にて」を加筆、改題した文庫で、ずっとちょこちょこ売れ続けているそうで、私の唯一のロングセラーです。

 

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM